SUN PHARMACY 株式会社サン薬局

被災地派遣

サン薬局では「薬剤師としてどう生きるか」を大事にしています。

そのため、現場から上がってくる
【だれかの想いをかなえるための声】から始まった活動も多いです。

患者さんの一番近くにいる現場の声、それを形に変えた一つが被災地派遣です。
ここでは実際に被災地支援を志願し活動した薬剤師の声をご紹介します。

被災地支援体験者 N.Tさん

被災地に行こうと思った理由

直接的には、ご縁があって普段からお世話になっている横浜市医師会や横浜市薬剤師会の先生方から「手伝ってくれないか」とお声がけをいただいたのがきっかけです。

日常の業務の中で、薬物治療の評価を行うために患者さんのバイタルサインを採る手技も持ち合わせていたため、震災発生から二か月以上が経った中でもご自宅に帰れず避難生活を送っている住民の皆さんの保健衛生を守るために役に立ちたいという想いをもって、他職種混成医療チームに入れていただきました。

被災地に行って感じたこと

大切な事は、一方的なこちらの想いだけでなく、現地のニーズをしっかり捉え、「どんな支援が求められているのか」を考えながら行動するという事だと思いました。
(もっとも、これは医療や福祉サービスを提供する時にも大切にしなければならない考え方だと思います。)

私が現地を訪れた時の状況は、震災発生からすでに二か月が経過しており、住民の方々の震災による急性期症状に対応することではなく、復旧しつつある地元の医療体制に患者さんを引継ぎ、安定した持続可能な医療が受けられる段取りをとることだったのです。

ここにおいても、他職種連携の観点から、情報共有の在り方が肝になるという事を痛感しました。

そのうえで薬学生に伝えたいこと

現地では、情報を採って共有する方法を考え実践するほかに、 避難場所で生活する住民の皆さんへの健康チェック、使用しているお薬に関する相談、支給されるお弁当の食べ残し保存などに関する食中毒予防、トイレの水質や害虫の発生対策など、 滞在中は多岐にわたる支援を行いましたが、特筆すべきは、そのほとんどがかつて薬学部で学んだ専門知識を使うことだったという事です。

薬剤師にしかできない専門性を発揮し、他職種と連携する事の大切さは、前述のように普段我々が業務を行っている医療・福祉現場でも同じだという事です。
その根幹にあるのは「目の前にいる人に良くなってもらいたい」という『医療者の魂』なのです。

皆さん、シンプルにして、決してぶれないこの『魂』をもった医療者になってください。