SUN PHARMACY 株式会社サン薬局

社長メッセージ

「想いをかなえる。」

私がサン薬局を経営していく上で、
基本であり一番重要と考えていることです。
最期の時を自分の家で迎えたいという患者さんの想いから、
それをサポートする家族や医療従事者の想い、
そしてプロの薬剤師として一本立ちしたいという従業員の思いまで。
様々な想いをかなえるために考え、
皆が行動できる環境を作ることが私の任務です。

代表取締役 奈良 秀一

奈良 秀一

株式会社 サン薬局 代表取締役社長CEO

昭和大学薬学部卒業

昭和47年 サン・ドラッグ(株式会社 サン薬局 前身)設立
平成19年 現職

薬を渡してからが勝負の薬剤師

薬剤師として、医療人として、人の命に関わる仕事をしてもらいたいと思いますし、
そうした経験を積んでいくことが今後必要とされる薬剤師に育つと考えています。

プロの薬剤師は、薬を渡してからが勝負です。

医師の処方した薬を間違えなくお渡しすることは勿論大事ですが、 その後無理なく服用いただけているか、効き目はどうか、ずっと同じ処方で良いのか、色々な方々とチームを組みながら経過観測をしていく必要があります。

関わる方々の知識や情報が合わさって、はじめて良い医療サービスが成立するからです。

命に近い仕事だからこそのやりがい

また、治療は一回きりではありません。半永続的に健康を追求していく必要がありますよね。
そういう意味では患者さんも同じチームです。
患者さんが健康であり続けたいという気持ちがあっての活動になりますので、そのように働きかけることもプロの薬剤師の仕事です。

命に近い仕事をすることで、更なるやりがいも見つかります。これは薬剤師の専売特許です。
せっかく薬剤師になられたのであればぜひ薬剤師にしか味わえないやりがいを見つけてください。
背負う責任の大きさに比例し勉強することも増えますが、薬剤師冥利につきる仕事も自然と舞い込んできます。

地域の想い、自身の想い、会社の想いを共に考える

まだまだ日本は地域医療が構築されていません。
そのような環境下で、薬剤師の皆さんはどう動かれますか。
薬剤師の取り組みはどう影響するのでしょうか。

薬剤師がやれることはまだまだあります。
薬剤師ができることをするかしないかで、地域医療も大きく変わると私は考えています。
そのため、いまサン薬局が進めることは営利目的のみの店舗展開ではなく、地域貢献のための薬局体制強化です。
その上で店舗展開が必要な際に増やしていければと思います。

地に足をつけ、「地域の想い、自身の想い、会社の想い」を共に考えてくれる仲間を求めます。
薬剤師として、健康という人の幸せに直接繋がる仕事を一緒にしましょう。
サン薬局は、そこに誇りを持って働ける環境を今後も作っていきます。