「サン薬局」は神奈川県横浜市で地域の患者様のお役に立てる薬局・調剤薬局を目指します。

サン薬局のブログ会社概要個人情報保護サイトマップ社会貢献活動法人・メーカの方
トップ本部からのお知らせ各店舗からのお知らせ店舗案内お薬Q&Aお問い合わせリクルート

「サン薬局」在宅薬物治療支援部
「サン薬局」店舗案内
サン薬局 港南台駅前店

営業時間

開局日(青色) 休業日(赤色)

横浜市港南区港南台4-7-29
TEL&FAX 045-831-1666

サン薬局 すずらん薬局

営業時間

開局日(青色) 休業日(赤色)

横浜市港南区上大岡西2-3-1
TEL 045-845-8823
FAX 045-845-4423

サン薬局 エンゼルファーマシー

営業時間

開局日(青色) 休業日(赤色)

横浜市港南区丸山台3-40-8
TEL&FAX 045-841-3568

サン薬局 上永谷支店

営業時間

開局日(青色) 休業日(赤色)

横浜市港南区丸山台1-13-20
TEL&FAX 045-847-3389

サン薬局 キッズ薬局

営業時間

開局日(青色) 休業日(赤色)

横浜市南区六ッ川2-143-115
TEL 045-730-6166
FAX 045-730-6167

サン薬局 美身堂薬局

営業時間

開局日(青色) 休業日(赤色)

横浜市港南区日野南5-9-4
TEL&FAX 045-845-6787

サン薬局 バディー調剤薬局

営業時間

開局日(青色) 休業日(赤色)

横浜市神奈川区鶴屋町2-23-2
TSプラザビル5F
TEL&FAX 045-411-2060

サン薬局 日の出薬局

営業時間

開局日(青色) 休業日(赤色)

横須賀市追浜町3-1-9
TEL 046-865-3380
FAX 046-866-5670

サン薬局 仲町台店

営業時間

開局日(青色) 休業日(赤色)
※第1、第3、第5 日曜日は休業

横浜市都筑区仲町台5-2-11
TEL&FAX 045-941-0261

「サン薬局」社長のBlog
「サン薬局」スタッフのBlog

 
サン薬局からのお知らせ 一覧
2016.02.18
 
褥瘡治療薬サミットinかながわ2016にて発表しました
2月14日(日)横浜市立大学において開催された「褥瘡治療薬サミットinかながわ2016」において、在宅薬物治療支援部の森薬剤師が症例発表を行いました。
自分が担当した、ご自宅で療養される患者さんの褥瘡症状について「どのように状態を確認し、どのように評価し、どのような処方提案を行って、薬剤を使用後どのように治癒していったか」を県内から参加した薬局薬剤師・病院薬剤師の皆さんの前で発表させていただきました。
褥瘡(床ずれ)は、適切な薬剤・処置を行うことで、その治療時間を短縮し患者さんの経済的負担を劇的に減らすことができる疾病のひとつです。サン薬局は、「薬剤の専門家として積極的に処方提案を行い、他職種の医療スタッフと連携して患者さんのお役に立てる」薬剤師の育成を推進しています。
褥瘡治療薬サミットinかながわ2016 案内
2016.02.18
 
サン薬局は地域の保健衛生教育のお手伝いをしています
2月10日(水)横浜市立小学校において、学校保健委員会に出席。
「怪我をしないために」というテーマで、児童の皆さんに向けてお話をさせていただきました。
サン薬局の薬剤師は「薬の専門家=身体や学校環境の専門家」として、地域の公教育の支援を積極的に行っていきます。
2016.02.11
 
在宅医療への取り組みが、ラジオ番組で紹介されました
2月10日(水)ラジオNIKKEI『井手口直子のメディカルcafe』に奈良在宅薬物治療支援部長が出演。
サン薬局の在宅医療への取り組みについてお話をさせていただきました。
詳しくは、当HPトップの【メディア掲載】をご覧ください。
2016.02.03
 
横浜市立大学キャンサーボードにて発表しました
2月2日(火)横浜市立大学福浦キャンパスで、地域連携キャンサーボードが行われました。在宅薬物治療支援部の森薬剤師が、病院スタッフや在宅医・訪問看護師・ケアマネージャーさん含む地域医療チームの皆さまと一緒に、退院時から退院後までの薬局薬剤師が自宅で患者さんに寄り添わせていただいた取り組みを発表させていただきました。
退院時に「あの人たちがいるじゃない!彼らに頼んで、なんとか在宅帰れるんじゃないの?」と患者さんの選択肢の1つになれることを目指して、サン薬局はスタッフの育成を推進していきます。
横浜市立大学キャンサーボード案内
2016.01.29
 
【予告】横浜市立大学キャンサーボードにて発表します
来る2月2日(水)。横浜市立大学福浦キャンパスにて開催されるキャンサーボードにて、在宅薬物治療支援部の森薬剤師が「病院と連携して、退院時・退院後の在宅薬物治療を継続して支援した症例」を発表します。今後の地域在宅医療に興味がある方にとっては、きっとお役に立つと思います。
是非お越しください。
横浜市立大学キャンサーボード案内
2016.01.25
 
想いをかなえる。会社全体研修会2016が開催されました
1月24日(日)横浜駅東口のレンタルヨコハマ会議室にて、「想いをかなえる。会社全体研修会2016」が開催されました。

今回は、昨年の緩和医療薬学会年会に出席して学んだ若いスタッフ達が講師となり、参加した薬剤師が経験に関係なくオピオイドを実践的に使いこなす事を目標に行われました。

薬を渡すだけではなく、その人の痛みや苦痛をとって差し上げる事が目的
、という事はそのかたの人生に寄り添って歩かせてもらう事。
そんな事を1人でも多くの薬剤師が感じる薬局でありたいと思います。
2016.01.13
 
サン薬局は地域の保健衛生教育のお手伝いをしています
1月13日(水)、港南区の横浜市立小学校において、学校薬剤師の立場から第6学年への保健体育(薬物乱用防止)の講義を担当しました。
卒業が近い6年生の児童たちを前に「もともと私たちの体にとって薬は異物。薬物が体に作用する仕組みと正しい使い方」という事をテーマにお話をしました。
2015.12.15
 
想いをかなえる。会社全体研修会2015が開催されました
12月13日(日)伊勢佐木長者町のラジオ日本会議室において、
『想いをかなえる。会社全体研修会2015』が開催されました。
今回はANAビジネスソリューション株式会社から講師の先生をお迎えし、「全日空が大切にしている接遇を医療に活かしてみる」というテーマでグループの薬剤師・アシスタントスタッフ合わせて約50人が学びました。
おじぎの仕方を最初から学ぶのではなく、「どうしてそれが大切なのか?」を理解してからおじぎの仕方を学ぶという精錬された講義から1人ひとりが大きな学びを得ました。
各店舗に戻って、それぞれの「想いをかなえる。」為に積極的に活かしていきます。
2015.11.21
 
今期の実務実習が終了しました
11月20日(金)、平成25年度第Ⅱ期の薬学生実務実習が終了しました。
「3ヶ月前、実習開始時は先輩からの話もあり『勉強するなら病院』と思っていました」
そう伝えてくれた学生さん。「何のために勉強するか」を明確に持っていれば、どこでも学ぶ事ができる。それを限られた時間に伝えたいと考え、スタッフ皆でできるだけ多くの体験をしてもらいました。

『患者さんの生命と健康のために、そこにつながる大事な時間のために汗を流せる素晴らしさ』
しっかりと国家試験に合格し、患者さんに寄り添う心をもった医療者になれる様に祈っています。

2015.11.08
 
訪問看護師の皆さんに講演しました
11月7日(土)上大岡のウイリング港南で行われた、神奈川県訪問看護師連絡協議会の横浜ブロック研修会で奈良在宅薬物治療支援部長とキッズ薬局の神座薬剤師が緩和ケアにおけるオピオイド使用の基礎について講演を行いました。
テーマ以外にも「薬剤師の目的も看護師さんと一緒!薬を渡すだけでなく、薬を渡して『患者さんに元気になってもらう事』。地域の医療チームの一員として、医薬品の供給と適切な使用推進の役割を担う事で患者さんのお役に立っていきたいと思っています」とお話しをさせていただきました。

講演終了後は、個々の看護師さんから、「薬剤師さんにお願いしたい事がたくさんあります。」とか「薬剤師さんの視点から提案してほしい事がたくさんあります。」という声をいただきました。

来年の改定についての内容もチラリホラリと伝わってきている様ですが、現場の看護師さんからの求めは確実にたくさんあると感じました。

«prev 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10   next» 

 
法人・メーカーの方  |   社会貢献活動  |   サイトマップ  |   個人情報保護  |   会社概要  |   サン薬局のブログ
トップ  |   本部からのお知らせ  |   各店舗からのお知らせ  |   店舗案内  |   お薬Q&A  |   お問い合わせ  |   リクルート
サン薬局社長対談  |   在宅薬物治療支援部  |   想いをかなえる。会社全体研修会  |   メディア掲載