「サン薬局」は神奈川県横浜市で地域の患者様のお役に立てる薬局・調剤薬局を目指します。

サン薬局のブログ会社概要個人情報保護サイトマップ社会貢献活動法人・メーカの方
トップ本部からのお知らせ各店舗からのお知らせ店舗案内お薬Q&Aお問い合わせリクルート

「サン薬局」在宅薬物治療支援部
「サン薬局」店舗案内
サン薬局 港南台駅前店

営業時間

開局日(青色) 休業日(赤色)

横浜市港南区港南台4-7-29
TEL&FAX 045-831-1666

サン薬局 すずらん薬局

営業時間

開局日(青色) 休業日(赤色)

横浜市港南区上大岡西2-3-1
TEL 045-845-8823
FAX 045-845-4423

サン薬局 エンゼルファーマシー

営業時間

開局日(青色) 休業日(赤色)

横浜市港南区丸山台3-40-8
TEL&FAX 045-841-3568

サン薬局 上永谷支店

営業時間

開局日(青色) 休業日(赤色)

横浜市港南区丸山台1-13-20
TEL&FAX 045-847-3389

サン薬局 キッズ薬局

営業時間

開局日(青色) 休業日(赤色)

横浜市南区六ッ川2-143-115
TEL 045-730-6166
FAX 045-730-6167

サン薬局 美身堂薬局

営業時間

開局日(青色) 休業日(赤色)

横浜市港南区日野南5-9-4
TEL&FAX 045-845-6787

サン薬局 ひまわり薬局

営業時間

開局日(青色) 休業日(赤色)

横浜市港南区港南台1-47-11
TEL&FAX 045-831-8267

サン薬局 日の出薬局

営業時間

開局日(青色) 休業日(赤色)

横須賀市追浜町3-1-9
TEL 046-865-3380
FAX 046-866-5670

サン薬局 仲町台店

営業時間

開局日(青色) 休業日(赤色)
※第1、第3、第5 日曜日は休業

横浜市都筑区仲町台5-2-11
TEL&FAX 045-941-0261

南部在宅療養支援部

営業時間

開局日(青色) 休業日(赤色)

横浜市港南区上永谷2-11-1
いずみプラザ上永谷
TEL 045-353-9814
FAX 045-353-9815

「サン薬局」社長のBlog
「サン薬局」スタッフのBlog

 
サン薬局からのお知らせ 一覧
2016.03.30
 
2016年度入社式が行われました
3月30日水曜日、2016年度の入社式が行われ、サン薬局は2人の新入社員を迎えました。
自分を追い込んで勉強して掴み取った薬剤師免許。それを活かす時が来ました!社長から叱咤激励の挨拶、統括部長から社会人・医療人の責任について、それぞれ熱く優しく伝えられた後、白衣が授与されました。
2016年度、「想いを込めて。」スタートしました!
2016.03.29
 
臨床腫瘍薬学会にて症例発表しました
3月12日土曜日、鹿児島県のかごしま市民文化ホールにおいて、日本臨床腫瘍薬学会学術大会が開催されました。ここでのシンポジウムにおいて、鹿児島大学病院薬剤部などと一緒にサン薬局も「在宅での化学療法支援症例」を発表しました。発表の中でフォーカスされた(効果・副作用のご自宅でのモニタリング)(病院ー地域における他職種連携の具体的方法)等について会場からは多くの質疑が寄せられました。

JASPO2016鹿児島HP
2016.03.14
 
「想いをかなえる。」全体研修会が開催されました
3月6日(日)ラジオ日本会議室において、講師にどんぐり工房の菅野彊先生をお迎えし、『想いをかなえる。会社全体研修会2016』が行われました。シリーズ6回目の今回は、薬剤を患者さんに投与した時に考えられる副作用を機序別に分類し、検査値に着目してモニタリングと評価、そして実際の処方提案に結びつけるための演習を行いました。
講義の全内容は、恒例の通りHPにてスタッフの皆さんの復習用に公開します。

患者さんの想い
個々のスタッフの想い
会社としての薬局の想い
3者の想いを三位一体で実現するための、『想いをかなえる。会社全体研修会』
サン薬局は、「選ばれる薬剤師」の育成を本気で目指します。
2016.02.18
 
褥瘡治療薬サミットinかながわ2016にて発表しました
2月14日(日)横浜市立大学において開催された「褥瘡治療薬サミットinかながわ2016」において、在宅薬物治療支援部の森薬剤師が症例発表を行いました。
自分が担当した、ご自宅で療養される患者さんの褥瘡症状について「どのように状態を確認し、どのように評価し、どのような処方提案を行って、薬剤を使用後どのように治癒していったか」を県内から参加した薬局薬剤師・病院薬剤師の皆さんの前で発表させていただきました。
褥瘡(床ずれ)は、適切な薬剤・処置を行うことで、その治療時間を短縮し患者さんの経済的負担を劇的に減らすことができる疾病のひとつです。サン薬局は、「薬剤の専門家として積極的に処方提案を行い、他職種の医療スタッフと連携して患者さんのお役に立てる」薬剤師の育成を推進しています。
褥瘡治療薬サミットinかながわ2016 案内
2016.02.18
 
サン薬局は地域の保健衛生教育のお手伝いをしています
2月10日(水)横浜市立小学校において、学校保健委員会に出席。
「怪我をしないために」というテーマで、児童の皆さんに向けてお話をさせていただきました。
サン薬局の薬剤師は「薬の専門家=身体や学校環境の専門家」として、地域の公教育の支援を積極的に行っていきます。
2016.02.11
 
在宅医療への取り組みが、ラジオ番組で紹介されました
2月10日(水)ラジオNIKKEI『井手口直子のメディカルcafe』に奈良在宅薬物治療支援部長が出演。
サン薬局の在宅医療への取り組みについてお話をさせていただきました。
詳しくは、当HPトップの【メディア掲載】をご覧ください。
2016.02.03
 
横浜市立大学キャンサーボードにて発表しました
2月2日(火)横浜市立大学福浦キャンパスで、地域連携キャンサーボードが行われました。在宅薬物治療支援部の森薬剤師が、病院スタッフや在宅医・訪問看護師・ケアマネージャーさん含む地域医療チームの皆さまと一緒に、退院時から退院後までの薬局薬剤師が自宅で患者さんに寄り添わせていただいた取り組みを発表させていただきました。
退院時に「あの人たちがいるじゃない!彼らに頼んで、なんとか在宅帰れるんじゃないの?」と患者さんの選択肢の1つになれることを目指して、サン薬局はスタッフの育成を推進していきます。
横浜市立大学キャンサーボード案内
2016.01.29
 
【予告】横浜市立大学キャンサーボードにて発表します
来る2月2日(水)。横浜市立大学福浦キャンパスにて開催されるキャンサーボードにて、在宅薬物治療支援部の森薬剤師が「病院と連携して、退院時・退院後の在宅薬物治療を継続して支援した症例」を発表します。今後の地域在宅医療に興味がある方にとっては、きっとお役に立つと思います。
是非お越しください。
横浜市立大学キャンサーボード案内
2016.01.25
 
想いをかなえる。会社全体研修会2016が開催されました
1月24日(日)横浜駅東口のレンタルヨコハマ会議室にて、「想いをかなえる。会社全体研修会2016」が開催されました。

今回は、昨年の緩和医療薬学会年会に出席して学んだ若いスタッフ達が講師となり、参加した薬剤師が経験に関係なくオピオイドを実践的に使いこなす事を目標に行われました。

薬を渡すだけではなく、その人の痛みや苦痛をとって差し上げる事が目的
、という事はそのかたの人生に寄り添って歩かせてもらう事。
そんな事を1人でも多くの薬剤師が感じる薬局でありたいと思います。
2016.01.13
 
サン薬局は地域の保健衛生教育のお手伝いをしています
1月13日(水)、港南区の横浜市立小学校において、学校薬剤師の立場から第6学年への保健体育(薬物乱用防止)の講義を担当しました。
卒業が近い6年生の児童たちを前に「もともと私たちの体にとって薬は異物。薬物が体に作用する仕組みと正しい使い方」という事をテーマにお話をしました。

«prev 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10   next» 

 
法人・メーカーの方  |   社会貢献活動  |   サイトマップ  |   個人情報保護  |   会社概要  |   サン薬局のブログ
トップ  |   本部からのお知らせ  |   各店舗からのお知らせ  |   店舗案内  |   お薬Q&A  |   お問い合わせ  |   リクルート
サン薬局社長対談  |   在宅薬物治療支援部  |   想いをかなえる。会社全体研修会  |   メディア掲載