「サン薬局」は神奈川県横浜市で地域の患者様のお役に立てる薬局・調剤薬局を目指します。

サン薬局のブログ会社概要個人情報保護サイトマップ社会貢献活動法人・メーカの方
トップ本部からのお知らせ各店舗からのお知らせ店舗案内お薬Q&Aお問い合わせリクルート

「サン薬局」店舗案内
サン薬局 港南台駅前店

営業時間

開局日(青色) 休業日(赤色)

横浜市港南区港南台4-7-29
TEL&FAX 045-831-1666

サン薬局 すずらん薬局

営業時間

開局日(青色) 休業日(赤色)

横浜市港南区上大岡西2-3-1
TEL 045-845-8823
FAX 045-845-4423

サン薬局 エンゼルファーマシー

営業時間

開局日(青色) 休業日(赤色)

横浜市港南区丸山台3-40-8
TEL&FAX 045-841-3568

サン薬局 上永谷支店

営業時間

開局日(青色) 休業日(赤色)

横浜市港南区丸山台1-13-20
TEL&FAX 045-847-3389

サン薬局 キッズ薬局

営業時間

開局日(青色) 休業日(赤色)

横浜市南区六ッ川2-143-115
TEL 045-730-6166
FAX 045-730-6167

サン薬局 美身堂薬局

営業時間

開局日(青色) 休業日(赤色)

横浜市港南区日野南5-9-4
TEL&FAX 045-845-6787

サン薬局 ひまわり薬局

営業時間

開局日(青色) 休業日(赤色)

横浜市港南区港南台1-47-11
TEL&FAX 045-831-8267

サン薬局 日の出薬局

営業時間

開局日(青色) 休業日(赤色)

横須賀市追浜町3-1-9
TEL 046-865-3380
FAX 046-866-5670

サン薬局 仲町台店

営業時間

開局日(青色) 休業日(赤色)
※第1、第3、第5 日曜日は休業

横浜市都筑区仲町台5-2-11
TEL&FAX 045-941-0261

南部在宅療養支援部

営業時間

開局日(青色) 休業日(赤色)

横浜市港南区上永谷2-11-1
いずみプラザ上永谷
TEL 045-353-9814
FAX 045-353-9815

「サン薬局」社長のBlog
「サン薬局」スタッフのBlog

 
サン薬局「在宅薬物治療支援部」からのお知らせ 一覧
サン薬局「在宅薬物治療支援部」からのお知らせ 一覧
 
 
 
  薬物動態学・薬理学などの知識を駆使し、「薬剤師にしかできない在宅」を展開して、患者さんや他の医療スタッフの信頼をgetしましょう。 医師との共同薬物治療に参画し、根拠に基づいて薬物の効能効果予測、副作用の出現予測を行い、必要であれば裏付けとして積極的にバイタルサインをとる提案を行っていきましょう。
  今、動かなければ、「薬剤師がいなくても機能する地域在宅医療」のモデルが形成されてしまいます。 「薬剤師」で勝負する同志たちと共に、明日を一緒につかみましょう。

 
2018.10.19  
【医局カンファレンスにて、訪問薬剤師の取り組みを発信しました】

南部在宅療養支援部の森薬剤師が、在宅クリニックの医局カンファレンスで
「Furuta methodsを使って褥瘡にアプローチした薬剤師の報告」を発表しました。
ドクターだけでなく、多くのコメディカルスタッフを前に、湿潤環境に合わせたブレンド軟膏の紹介と自分が実践してきた実際の症例を説明していきました。

サン薬局は、患者さんの辛い褥瘡を、早く、経済的に治すために、診療に関わる他職種の1人として、しっかり薬剤師力を発揮できる薬剤師を育てていきます。
2018.10.13  
【薬品メーカー医療関係者向け情報サイトにてお話ししました】

奈良在宅療養支援部長が武田薬品工業の医療関係者向けサイト『薬剤師の「今」―在宅医療編―』
にてお話をさせていただいていただきました。閲覧には会員登録が必要となりますが、「薬剤師が介入すべき領域」「他職種連携」について、これから在宅業務を始めようとされている薬剤師の皆さんなどに発信しております。是非ご覧ください。

武田薬品工業医療関係者向け情報サイト
2018.09.11  
【『在宅現場で薬剤師が出来ること』講演を行いました】

9月9日(日)。町田市の昭和薬科大学において市民公開講座が行われ、奈良在宅療養支援部長が、日本在宅薬学会の狭間研至理事長と共に、「在宅現場で薬剤師が果たすべき役割」について発信しました。
当日は、同学の学生120人を含む530人の参加者が集まり、これから薬局が地域で果たすべき役割について考える契機にしていただきました。

昭和薬科大学市民公開講座
2018.08.19  
【〝Furuta Methods〟褥瘡セミナーに参加してきました】

〝Furuta Methods〟をご考案され、患者さんを褥瘡の苦しみから解放する事を、今や世界にまで広げようとされてる古田勝経先生の研修会に、サン薬局の薬剤師達と一緒に参加してきました。

もともと在宅療養支援部の森副部長が古田先生に師事し「薬剤師がチームの中で関われば、患者さんの褥瘡が早く良くなる。」を実践してきたその背中を見て「『想いをかなえる。』為に自分も学びたい」という薬剤師が今回集まりました。
研修会の後、お忙しい先生にお時間をいただき、褥瘡治療に薬学的専門性を持って薬剤師が関わる事の大切さを改めて伝えていただきました。
2018.08.01  
【退院時カンファレンス】

在宅療養支援部が連携している地元の大学病院、横浜市立大。
この大学には2つの病院があります。医学部附属病院とセンター病院です。
意外ですが、先日センター病院での退院カンファレンスに初めて出席してきました。
『お家に帰りたい!』患者さんの「想いをかなえる。」お手伝いをさせていただきます。
2018.07.24  
【学術大会への参加で得られるもの】

7月15、16日に大阪国際会議場で行われた「日本在宅薬学会学術大会」。
老年薬学・緩和ケア・災害時対応・漢方薬・栄養・非薬剤師業務研究など多くのセッションが行われました。
参加したサン薬局のスタッフたちも、それぞれ自分が関心があるセッションに参加し、「薬剤師力」を伸ばす
為に(楽しみながら)学んでいました。
サン薬局では、各自がインプットしたものを整理し、「想いをかなえる。」学会参加発表会の場でアウトプット
する場を設けることで、薬剤師・薬局の更なるブラッシュアップに努めています。
2018.07.10  
【「がんの痛みは我慢しないで」学術セミナー運営をおこないました】

7月8日(日)横浜駅西口のAP横浜において、神奈川県薬剤師がん疼痛緩和ケア研究会
「がんの痛みは我慢しないで」の薬剤師向け学術セミナーが行われました。
当日は約110人の病院、保険薬局薬剤師が参加し、医療用麻薬の正しい使い方について学びました。
当社の奈良在宅療養支援部長も世話人としてセミナーを運営しました。

薬を渡すだけでなく、渡したあとに積極的に関与することで、具体的な新しい地域医療モデルを作っていきたいですね。
今日も研究会の病院薬剤師、薬局薬剤師が協同して盛り上げました。
2018.06.28  
【在宅業務を製薬会社さんにも知ってもらう】

6月21日(木)横浜市内製薬メーカー支店において、普段からクリニックや薬局を回っている
MR(医薬情報提供者)さん向けに、在宅療養支援部の理念や普段の業務内容についてお話しをさせていただきました。
薬剤師オリジナルの武器を生かすために、製薬会社さんからどんな情報を提供していただけると嬉しいのか。地域の健康活動にどのような形で関わっていただきたいのか。などについての話題が今後の営業活動の参考になれば良いと思っています。
お渡しする薬のその先に、患者さんがいるのは、製薬会社も薬局も同じですものね。
2018.05.31  
【足、手、頭を使う】

「薬が服用できなくなってきた」
服薬ゼリー使う 粉砕する 簡易懸濁法
薬の物性を考え、患者さんの状況に合わせて評価し、薬物投与の方法を提案する。

しかし一番はじめにありきは、患者さんのところに駆けつけて自分の目で状況を確認しようとする事。先ずは足を使う。想いがあれば、誰でもできる事だと思います。
自分の目で見て確認してきた事だからこそ、それに基づいた意見には、説得力が出ると思います。

そんな『医療者としての薬剤師』をたくさん育てていきたいです。
2018.05.28  
【医療用麻薬への誤解 】

「一度この薬を飲むと、どんどん投与量が増えていって、最後には効かなくなる。」

「依存症、認知症など、怖い副作用がたくさん出てくる」

「手術の時に使う全身麻酔薬と同じ成分である」

ママ友達から聞いた噂話などを元に、レスキューで使う経口医療用麻薬を使わないでいた患者さん。ご家族の中でも、使う・使わないで意見が割れているとの事。

緩和の教科書に例として紹介される様な状況ですが、切実な問題です。
大至急、誤解を解いて、安心してつらい痛みを緩和出来るようにしてあげなくては。

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10   next» 

 
法人・メーカーの方  |   社会貢献活動  |   サイトマップ  |   個人情報保護  |   会社概要  |   サン薬局のブログ
トップ  |   本部からのお知らせ  |   各店舗からのお知らせ  |   店舗案内  |   お薬Q&A  |   お問い合わせ  |   リクルート
サン薬局社長対談  |   在宅薬物治療支援部  |   想いをかなえる。会社全体研修会  |   メディア掲載